FACTORY工場長のあれこれ

FACTORY 工場長のあれこれ

2011/09/27

映画とか 2



最近観た映画のまとめ。

まずは「ノーウェア・ボーイ ひとりぼっちのあいつ」
ジョン・レノンの若い頃の話です。
この手の青春ものは大好物です。しかも音楽絡みでくりゃ完璧。
原題は「NOWHERE BOY」邦題は訳してなく足しちゃったってパターンで
MJ「今夜はビート・イット」と同じパターンです。
わかっちゃいたけどポール・マッカートニーと出逢うシーンは興奮しました。
当時のファッションもかっこEしもちろん音楽もよくて
Screamin' Jay Hawkins"I Put A Spell On You"は痺れました。
あと「闇の列車、光の旅」
生活が苦しいから故郷を捨ててアメリカへ移民する南米映画でございます。
メキシコのギャングはかっこEけどおっかないねぇ。
ブラジルもそうだけど短パン&タンクトップとかで銃ぶっぱなすとかスゲーわ。
あと上半身裸とかね。かなり胸に刺さる映画でございました。
見せられたって感じデス。
次は変わって「デイブレイカー」
ドラキュラ未来ものです。イーサン・ホークはこういうの好きですな。
最近のドラキュラは攻撃が激しいデス。人間襲うのとかゾンビと変わらないもんね。
嫌いじゃないけど特に何も。ドラキュラの悪い奴が志垣太郎に似てました。
このながれでB級カルトもの「アタック・オブ・ザ・キラー・トマト」
突然トマトが人間を襲います。B級映画じゃちょー有名ですね。
テーマソングとジャケのデザインが最高です。
ギャグもくだらなすぎて良かったです。笑えました。
マーズ・アタックにも影響を与えるほど。さすが名作です。
ティム・バートンにはジョニー・デップばかりにたよらないで
この頃の感覚でまた映画を撮ってもらいたいものです。
あと衝撃の「悪魔のいけにえ」でホラー界に革命を起こした
奇才トビー・フーパー監督を立て続けに2本。
「悪魔の沼」「悪魔のいけにえ2」
このへんの邦題のつけかたはイカしてますね。
ビデオなどのジャケもセンスEです。
悪魔の沼は日本版の予告編のほうが断然かっこEです。
残念ながら日本版はyoutubeなどにはアップされておらず
DVDの特典として観られます。これ観るだけでも価値ありですよ。
内容のほうは全体的に暗い映像とかワニのチープな感じとか
ムダに脱ぐ美女とか本当によくわかってらっしゃる。
のちにエルム街の悪夢フレディ役で有名になる
ロバート・イングランドがこのときも良い演技をしてらっしゃいます。
あまり評判のよくない作品ですが嫌いじゃないデス。
全体的な雰囲気がヌマヌマしてて気持ちよく観れました。
悪魔のいけにえ2は名優デニス・ホッパーがでてるくらいで特に何もなく
トビー・フーパーは「ポルターガイスト」くらいまでが最高なのかもしれません。
そのあとの「スペースバンパイア」はまだ未見なので次回観ます。
今回観た映画はこんな感じ。
まだまだ観てないのがたくさんあるので勉強します。
このながれでB級カルト映画は続きます。

Blogって日記だかんね!


そんで最近寝るときによく聞いてる音楽が
エリカ様(バドゥのほう)「New Amerykah Part Two: Return of the Ankh」
ノラ・ジョーンズ「THE FALL」です。
ゆられながらぐっすり眠れます。





0 件のコメント:

コメントを投稿